映画 ファウンダー

ファウンダー

Add: yluvotom23 - Date: 2020-12-03 14:00:25 - Views: 6311 - Clicks: 6436

一見、「あなたがしたいことは」と見えてしまう文章ですが、「あなたがするべきことは」という意味になり、「あなたがするべきことは、ハンバーガーを作る土地を所有すること。」という意味の文章になります。 What 映画 ファウンダー you want to be doing is. 映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:The Founder 製作国:アメリカ(年) 日本公開日:年7月29日 監督:ジョン・リー・ハンコック. 映画活動家/放送作家。『町山智浩の映画塾』など構成。Loft9 Shibuya、本屋B&B、バンタンデザイン研究所、「きりゅう映画祭」他で映画トーク。毎年11月開催の「田辺・弁慶映画祭」MC。. ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(字幕版時間55分 G 52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。.

B: だって次の誕生日までに5キロ痩せたいんだもん A: What you want to be doing isexercise. 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(ファウンダー ハンバーガーていこくのヒミツ、The Founder)は、年のアメリカ合衆国の伝記映画。マクドナルド・コーポレーションの創業者レイ・クロックの半生を描く。監督はジョン・リー・ハンコック。マイケル・キートン、 ローラ・ダーンらが出演。一介のセールスマンだったクロックが、マクドナルド兄弟が. 映画 ファウンダー ・映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』はマクドナルドの創業者とされるレイ・クロックがどのようにしてのし上がってきたかを描いた物語。 ・レイのやり方に賛否両論ではあっても、映画としてはオススメ! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました! >>ファウンダーハンバーガー帝国のヒミツのフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険? >>レイクロックはマクドナルドも離婚後の妻も乗っ取り?本業は不動産? >>映画ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツで描くマクドナルドの始まり >>レイクロックの名言まとめ!マクドナルドは不動産業?妻は?. 世界中の企業家たちに今なお絶大な影響を与え続ける世界最大級のファーストフードチェーンを築き上げた男、レイ・クロック。サラリーマン人生も半ばを過ぎた50代にして、マック&ディック兄弟の“マクドナルド”と出会い、手段を選ばず資本主義経済や競争社会の中でのし上がっていく姿は、まさにアメリカン・ドリームの原点を描いています。 本作ではギラギラとした野心と圧倒的な情熱を持ち、アクは強いが人々を魅了するレイをアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた実力派俳優マイケル・キートンが見事に体現。レイの妻役にはローラ・ダーン(『わたしに会うまでの1600キロ』)、マクドナルド兄弟にはニック・オファーマン(『ロング・トレイル!』)、ジョン・キャロル・リンチ(『テッド2』)ら実力派俳優たちが脇を固めています。 世界最強のハンバーガー帝国の創業者(ファウンダー)。彼はどのようにして10億ドル規模の巨大企業を築き上げていったのか? 野心と胃袋を刺激する誰も知らない誕生のウラがいま暴かれる! 知っておきたい英語・文化のワンポイント.

マイケル・キートン以外の出演者も、個性派が揃っています。マクドナルド兄弟に扮するのは、ニック・オファーマンと、ジャン・キャロル・リンチ。二人とも出演作品が多く、バラエティに富んだ役柄をこなせる俳優です。 最初は兄弟に見えないと思いましたが、次第に絆の深い兄弟にしか見えなくなります。息のあったところをみせてくれて、ついこの兄弟を応援したくなってしまいます。 また、レイの妻役をローラ・ダーンが演じていますが、このエセルという女性は、ある意味、1950年代の典型的な主婦象をあてがわれているといえるでしょう。 仕事が忙しい夫におきざりにされて、孤独を感じている女性です。車が普及したことで、レイのように、遠出してセールスをする夫が増え、また、住宅が郊外に移ったことで、夫たちは遠距離通勤を強いられ、妻の一人の時間が増えていきます。 主婦は家庭を守るものという概念が定着していくのもこの時代。アメリカの50年代は明るく、豊かな時代であった一方、かくあるべしという堅苦しい既成概念に多くの人がしばられていた時代でもあったのです。 ところで、しばしばハンバーガーの調理風景が出てきますが、それが実においしそうなのです。食品関連をテーマにしている作品として、これはとても重要なことではないでしょうか。 マクドナルドという一企業(でありながらアメリカそのものの代名詞でもある企業)の光と闇を描いているのですが、最後は、やっぱりマクドナルドのハンバーガーが食べたくなってしまうのです。. 。 その原因の一つは、初めに兄弟がレイを信じなかったこと。 そして、レイが店舗展開に成功し、兄弟に利益をもたらしていったのに、レイ自身は赤字となり兄弟に契約を見直しを交渉した時は耳を貸さなかった。 自分たちを儲けさせている相手に対し、ひどい仕打ちです。 もし、兄弟がレイの能力を認めて、3人でチームを組んでいたらみんなが笑顔になれる結果になったと思います。 レイはミルクシェイクの粉末剤を提案しましたが、元はレイだって質を追求していました。 オーナーの一人が、店は汚したまま、ハンバーガーに混ぜものをしたり、萎びたレタスを使っていたりすると、ゴルフ場で遊んでいるオーナーのところまで押しかけて文句を言っていたくらいです。 もし、3人がうまくいっていたら、インスタントの粉末剤を反対されたら話し合いに応じていたかもしれません。 まぁ、タラレバを語っても仕方がないのですが、映画を見ながらそんなことを思いました。 それから、どうしても好感が持てなかった人物がいました。 レイ・クロックの元奥さんレセル! 「レイに捨てられた」と悲劇の. ファウンダーとは創業者、といった意味。 つまりこの映画はマクドナルドの創業秘話を描いた企業ドラマである。 日本の宣伝会社はその意味では「マクドナルドのヒミツ」みたいな副題をつけてもよかったし、その方が内容にも即しているわけだが、残念. ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間や. 映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」では、マイケル・キートンが演じている のですが、彼この役にピッタリなんです。. ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ の紹介:年アメリカ映画。. (笑)。 (山里亮太)ということで、すいません。今日は映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』についてお話いただきました。ありがとうございました。 (町山智浩)どうもすいません。7月29日に日本では公開です。はい! <書き起こしおわり>.

今回観た映画は、マイケル・キートン主演の『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』です。 これは、マクドナルドの物語で、一体どんなん何だろうって興味津々で観てみました(*^^*). 私達にはとても身近な存在となったマクドナルド。ビジネスアイデアを思いついた人と、それを広めた人。両者が対立していく過程で、「広めた人」である主人公のレイは、あるビジネスアドバイスを受け、さらに燃え上がっていきます。 What you want to be doing is owning the land upon which that burger is 映画 ファウンダー cooked. All Rights RESERVED フォード社の大量生産技術を応用して、第二次大戦後のアメリカ社会に革命をもたらした実業家といえば、庶民にも手が届く一戸建て家屋を提供したビル・レヴィットなど、多くの名前があがるでしょう。 ハンバーガーのマクドナルドも、この時代に生まれ、レイ・クロックは伝説的な実業家として知られています。 面白いのは、時代のニーズを読んで、外食産業における画期的なアイデア、システムを考えた人物は別の人であることです。 レイは、マック&ディックのマクドナルド兄弟が生み出したものをそのままフランチャイズ化した人物です。 手の届く範囲で求められる物を、品質を下げずに提供することにこだわった兄弟に対して、レイは徹底した拡大路線を貫きます。 物語は、この、自らを「ファウンダー(創業者)」と自負する二者の「思想の違い」 と「確執」をメインに進みます。 映画の中で、レイは「チャンスをつかむことを恐れる人が実に多い」と語っています。勿論、そこにはマクドナルド兄弟も含まれているでしょう。 彼にとっては冒険しない人間は理解しがたいものだったのでしょう。そして、当時のアメリカ社会そのものが、「堅実」ではなく「夢」を望んでいました。まさにアメリカンドリーム。時代が彼を後押しし、彼が時代を作っていったのです。 ほぼ強奪という形で権利を奪う強引さには驚かされますが、映画は、レイに、言い訳や、正当化する言葉を語らせたりはしません。 実際、彼の行ったことは、戦時下での苦労の時代を経て、真っ当な生活をしたいと願ったアメリカ国民に雇用を生み出し、安定を導いたと評価されています。 しかし、映画はその側面を声高に描くことはしません。 また、実際のレイ・クロックは、巨大な富を築いたにもかかわらず、財産の使いみちにはまったく興味がなかったといいます。 しかし、それについても映画は特に言及していません。 代わりに描かれるのは、「欲しい」と思ったものはどんな手を使ってでも手に入れるという彼の「主義」であり、「生き様」です。 映画の終盤、彼に寄り添う女性があの女性であると知って驚いた方が多いのではないでしょうか。 狙ったものはなんでも手に入れる男なのだなと呆気にとられたことでしょう。映画はこうした側面をクローズアップして. 映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください. の部分に注目しながら、さっそくチェックしてみましょう! 「あらすじ」も参考にするとさらに理解度も違ってくるので、わからないところはもう一度チェックしてみましょう。. 監督デビュー作『Big Fan』は、年のサンダンス映画祭で審査員特別賞にノミネートされた。 96年から年の間、風刺的な出版物である「The Onion」の編集長を務め、99年にアメリカンユーモアのためのサーバー賞を受賞し、ニューヨークタイムズのベストセラー「Our Dumb Century」を編集する。.

(山里亮太)あ、そうなんだ. 世界中で知らない人はいないハンバーガー業界の頂点に君臨するマクドナルドを創った男を描いた映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を見たので感想と鑑賞できる動画配信サービス(vod)を紹介。. 29(土) 角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿、渋谷シネパレスほか全国公開。 誰もが知っている“マクドナルド”の、誰も知らない誕生のウラが. お店とか全てが全部同じになっていくものの始まりなんですね。で、デニーズとかホリデイ・インとか、そういうチェーン店も. A: 大勢の人の前で話さないといけない時、すごく恐怖を感じるんだ B: What you want to be doing isimagining that everyone is wearing a funny hat. 年12月22日まで無料でお楽しみいただけます。オーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的な.

ちょっとお時間が迫ってきてしまいまして。 (町山智浩)すいません! 今回僕、本当にどうもすいませんでした! 遅刻しまして。 (海保知里)いやいやいや。リスナーのみなさん、ご心配をおかけしましたが。町山さんとつながりましてよかったですよね。よかった、よかった。 (町山智浩)すいません. ホーム > 作品情報 > 映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 劇場公開日 年7月29日. ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツを見ました。実はマクドナルドには2組の創業者がいました。マックを大企業にまで押し上げたレイ・クロック。マクドナルドを作ったマクドナルド兄弟。兄弟はなぜ、そしていかにして追い出されたのか?そのすべてと、レイ・クロックの成功の秘訣が. A: それでもし笑っちゃったら? B: If you&39;r. What you want to be doing is. 映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」の感想(ネタバレ含)を書きます。 マクドナルドをフランチャイズ化し、世界最大のファストフードチェーンに仕立て上げたレイ・クロックに興味があり視聴。 レイ・クロック自伝「成功はゴミ箱の中に」をすでに読んでいたので内容は知って. (町山智浩)で、徹底的な管理によって、商品を全部同じにしていくということで、マクドナルドは巨大化していくんですね。でも、これはどうしてそれが必要だったか?っていうと、まず自動車なんですよ。 (海保知里)車? (町山智浩)あの、この1954年というマクドナルドが始まった時というのは、モータリゼーションと言いまして、自動車が誰でも買えるようになっていく最初の頃だったんですね。贅沢品じゃなくなって、みんなが車に乗って、車で移動できるようになることによって、街がどんどん広がっていって、郊外に人が住むようになるんですよ。で、その自動車でファミリーでレストランに行くということになって、いままでの都市のダウンタウンと言われるような繁華街に集まってレストランに行くということから変わっていって、家族が親子連れで日曜日にご飯を食べに行くところが必要になっていくんですよ。ファミレスの始まりなんですね。 (山里亮太)ふーん! (町山智浩)で、その場合に車でどんどん移動している人たちっていうのもまた別に出てきますけども、アメリカ人っていうのはこの頃から自動車を若い人でも持つようになって、アメリカ中で移動が始まるんですよ。で、その時に、どんな店に行ったらどんなものが食べられるかわからないと、怖くてお店に行けないでしょう? (山里亮太)ああ、そうだ。わかっていた方がいいよ。うん。 (町山智浩)でも、アメリカにたぶん日本から旅行した人だと、たぶんみんなマクドナルドに1回は行っていると思うんですよ。 (海保知里)ああ、なんかわかるかもね。そうね。絶対に1回は行きますよね。 (町山智浩)ねえ。心配がないじゃないですか。「日本と同じだろう」って思うじゃないですか。実際は結構違いますけどね。 映画 ファウンダー (海保知里)うん、違う(笑)。 (町山智浩)で、アメリカは広いですから、それで旅行をしていく時に「マクドナルドだったら間違いがない」ということで、自動車でみんながアメリカ中を移動するようになったり郊外に出ていく時に、どこに行ったらいいのか? 食べるものがないっていう時にマクドナルドがあれば安心だから、マクドナルドが定番になっていくんですよ。 (山里亮太)うん。 (町山智浩)これがアメリカの均一化.

. この映画、全体の流れとしてはレイ・クロックがマクドナルド兄弟と契約を結んで全米に店舗展開したものの、兄弟を裏切り、すべてを取り上げたような感じになっています。 でも、映画の描き方としてはレイを悪いヤツとも、大企業を作ったヒーローとも決めないような中立的な描き方をしています。 とはいえ、主人公はレイなのでレイ寄りの話であることは間違いありません。 映画を見た人の感想を読むと「レイが兄弟を裏切った」「レイは悪いヤツ」「長年連れ添った奥さんを捨てて人の妻を奪い取った」「欲しいものを手に入れるためには手段を選ばない怪物」という意見が多く見られました。 人によって意見はそれぞれだし、それはそれでいいのですが、私は「レイだけが悪いの?」と思いました。 だって、もし兄弟がレイを初めにもっと受け入れていたらこんなことにはならなかったと思うのです。 兄弟の弟ディックはアイデアマンで頑固者、こだわりが強い。 兄のマックは柔軟な考え方ができて温和な性格。 そしてパワフルで自分の信念を突き通し、革新的なレイ。 この3人が組んだらドリームチームが出来上がると思いませんか? ビジネスをする上でパーフェクトな組み合わせに思えます。 それなのに、なんとも悲しい結果になってしまった. 今回の映画は『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』です。 世界中の人に愛されるハンバーガーチェーン 映画 ファウンダー 「マクドナルド」 この「マクドナルド」を創業した人物を描いた物語。. 映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の作品情報 【公開】 年(アメリカ映画) 【監督】 ジョン・リー・ハンコック 【キャスト】 マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、リンダ・カーデリニ、パトリック. 【原題】 The Founder 【公開】 年7月29日(土) 【監督】 ジョン・リー・ハンコック 【キャスト】 マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、リンダ・カーデリニ、パトリック・ウィルソン、B・J・ノバク、ローラ・ダーン. 。 (町山智浩)変だと思いません? (山里亮太)いや、マクドナルドさんかなと思っていた。 (海保知里)ねえ。思いますよね。 (町山智浩)「マクドナルド」っていう名前だからね、マクドナルドさんが創業者じゃないかと思うんですけども。そうじゃないんですね。 (山里亮太)へー。 (町山智浩)で、これはどういうことか?っていうと、この映画は主役のレイ・クロックを演じるのは『バードマン』とか『バットマン』のマイケル・キートンさんです。すごい顔をしている、はい。で、この人が1954年にセールスマンをやっているんですけども、ミルクセーキってありますよね。ミルクセーキを混ぜる機械を発明しまして、それを売り歩いているセールスマンなんですね。で、ところがまあ売れないわけなんですけども、突然ものすごい数の注文が入るんですよ。で、「なんでこんなにミルクセーキが必要なんだろう?」と。 (山里亮太)うん。 (町山智浩)「これは1回に50個ぐらいのミルクセーキを同時に作る必要がある店があるはずだ。どんな店なんだ?」ということで、その店に行くんですけど。カリフォルニアの郊外にあるお店なんですね。それが、マクドナルドなんですよ。 (山里亮太)おっ? (海保知里)あれっ? そこから? (町山智浩)そこなんですよ。で、そこではものすごい数でミルクセーキを作っているんですね。で、「どうしてこんなに売れているんだろう?」と調べると、そのマクドナルドというお店は30秒でハンバーガーをお客さんに出すという店なんですよ。 (山里亮太)ふんふんふん。 (町山智浩)で、どうしてそんなことが可能なのか? と思ったら、まずお皿がないんですね。で、紙で包んでハンバーガーを出していると。スプーンもフォークもないんですよ。 (山里亮太)はい。マクドナルドっていうのはそうですよね。 (町山智浩)それは彼らが片手で食べられるようにハンバーガーをちっちゃくしたんですね。 (山里亮太)そのシステム、発明だったんだ。 映画 ファウンダー (町山智浩)で、紙で包んで出すと。それ以外にも、いままでマクドナルド以外のハンバーガー屋さんっていうのはいろんなメニューがあって。たとえばホットドッグがあったり、バーベキューがあったり。そのマクドナルドっていうお店ももともとはバーベキュー屋さんとして始まっているんですよ。ところが、売れるの.

1954年、アメリカ。 レイ・クロックはシェイクミキサーを売る営業マンとしてあちこちを回っていました。 あまり売れ行きはよくないようで、一台売るのも大変そうな、うだつの上がらないセールスマンといった感じです。 ところが、8台の注文が入るのです。一台売るのにも苦労しているというのに。 興味を持って注文をしてきたハンバーガーショップに行くと長蛇の列です。 当時のハンバーガーショップはドライブイン形式だと、車で待っていてローラースケートを履いたウェイトレスが注文を取りに来てまた商品を持ってきてくれる、というものでした。 待たされるのが当たり前で、注文のミスもよくありました。 ところが、このハンバーガーショップではローラースケートのウェイトレスはいない代わりにみんなが笑顔で列に並んでいます。 長蛇の列にもかかわらず、そう待たずに済むのは、注文してから数十秒で商品が出てくるからです。 食べ物はお皿に乗っているのではなく、紙に包まれ、飲み物は紙コップ。 食べ終えたら捨てて帰ればいいので清潔です。 ハンバーガーを注文したレイ・クロックは、商品を渡された時に、注文してからあまりに早かったのでまさか注文したハンバーガーだとは思わずに「これは何?」と聞いていました。 そのくらいの衝撃だったのです。 そのハンバーガーショップがマクドナルドでした。 マクドナルドというのは経営していた兄弟の名前です。 レイ・クロックは兄弟に頼んで店のシステムを見学させてもらいました。 兄弟は徹底的に無駄をなくし効率を計り、しかも味やサービスは高品質というこだわりがありました。 レイ・クロックは兄弟の作ったシステムに惚れ込み、フランチャイズを提案します。 兄弟は始め渋っていましたが、アイデアマンだけれど頑固な弟を柔軟に考えられる兄がなだめる形で契約をします。 レイ・クロックにはカリスマ性があり、マクドナルドの素晴らしさを各地で語り、次々とフランチャイズのオーナーを獲得するとどんどん店舗を増やしました。 しかし、必死で店舗展開をしてオーナーからは感謝されるものの、レイに入る収入はわずかです。 店舗が増えるほど赤字になっていきました。 マクドナルド兄弟に初めの契約を見直すよう交渉しても聞く耳をもってもらえません。 家庭でも、古風な考えの妻レセルと溝がうまれていました。 レセルは借金をしてまでビジネスに入れ込. 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの上映時間までに映画館に間に合う乗換案内も提供。 See full list on english. 彼が何を切り捨て、何を選び取ってマクドナルド・ハンバーガーの「創業者」となったかを描く、実話に基づく. . (町山智浩)これ、オチを言えないんですけど、オチは結構「ええっ?」みたいな話になるんですよ。言いたくてしょうがないですけど。調べればわかりますけどね。まあ、奪い合いになるわけです。「マクドナルド」という名前をね。で、なぜレイ・クロックというチェコ系の人が、「マクドナルド」というのはアイルランド系の名前なんですけど、その名前をどうしてもほしいと思ったか?っていうことはね、ちょっとこの歌を聞いてもらえませんかね? (町山智浩)はい。この歌、結構聞いたことある人もいると思いますけども。 (山里亮太)あります、あります。 (町山智浩)日本では『楽しい牧場』といわれている歌で、「イーアイ イーアイ オー」っていう歌なんですけど。これね、『Old MacDonald』っていう歌なんですよ。 (海保知里)おじさんが畑を持っているっていう。 (町山智浩)そうそう。マクドナルドおじいさんは牧場っていうか農場を持っていて、そこにはニワトリがいて、ウシがいて、ブタがいるっていう歌なんですね。これがすごく子供の童謡として、アメリカ人全体に浸透していたんですよ。だから、「マクドナルドのハンバーガー」っていうと、「マクドナルドおじいさんが育てたウシやブタやチキンの料理が出てくるんだ」っていう感じで、ものすごく安心するんですよ。 (山里亮太)なるほど! (海保知里)いやー、そうなんだー! (町山智浩)だから、どうしてもマクドナルドがほしかったんですね。このレイ・クロックっていう人は。これね、これがわからないと「なんでマクドナルドなんだろう?」っていうのがわからないと思うんですよ。歌なんですよ、元ネタは。 (海保知里)もうね、アメリカでは子供はみんな知っている童謡ですもんね。これはね。 (町山智浩)そうなんですよ。だから、もうマクドナルドじゃないとならなかったので。と言っても、実際の人の苗字を奪い取るっていうのはすごいことなんですよね。ただ、レイ・クロックという人からすると、「彼ら(マクドナルド兄弟)はそれを全国チェーンにする能力を持たなかったんだ。俺はそういうアイデアがあったんだ。そういう努力をしたんだ。だから俺には”マクドナルド”っていう名前を奪い取る権利がある」っていう考え方なんですよ。 映画 ファウンダー (山里亮太)ああー. 。 (町山智浩)これ、すごいのはね、このレイ・クロックっていうのはね、いつも.

More 映画 ファウンダー videos. (町山智浩)そう。その通りなんですよ。だから、反マクドナルドなんですよ。 (山里亮太)そっか! (海保知里)でもって山ちゃん、ここね、すっごい美味しいの。台所とか調理場とか、すっごいきれいですよね。 (町山智浩)そうなんですよ。で、いままでのマクドナルドは全部同じにすることによって安くなった。みんな同じでいいんだっていう一種共産主義的な考え方ですけども。いまは、そうなじゃくて自分で自由自在に、値段が高くてもいいから好きなように作りたいといことで、世の中が変わってきているんですね。 (海保知里)ふーん! (町山智浩)そこも面白いなと思ってね。この映画を見ると、アメリカっていうのが巨大になった理由と、そのマクドナルド的なアメリカが終わりつつあるっていうことが同時に見えると。しかも、ドナルド・トランプみたいな人っていうのが出てきた背景っていうのがよくわかる映画なんですよ。 (海保知里)うわー、町山さん.

映画 ファウンダー

email: onugyh@gmail.com - phone:(123) 492-1883 x 7411

14 歳 の 近江 ちゃん - ファウンダー

-> オーバー タイム 主題 歌
-> バック トゥザフューチャー 衣装

映画 ファウンダー -


Sitemap 1

事故 物件 一覧 函館 -